m3.com トップ > 臨床ニュース > デノスマブ、乳癌対象P3で無骨転移生存期間の延長未達

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

デノスマブ、乳癌対象P3で無骨転移生存期間の延長未達

2018年2月7日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

第一三共株式会社は2月2日、「AMG162」(一般名:デノスマブ)の乳がん術後補助療法に関する国際共同第3相臨床試験(D-CARE試験)の結果概要を発表した。これは、AMG162の開発を共同で推進する米アムジェン社が現地時間2月1日に発表したもの。D-CARE試験は、標準的な術前もしくは術後補助療法を受けている再発リスクの高い早期乳がん患者を対象としたプラセボ対照試験。主要評価項目である無骨転移生存期間の延長は達成できなかったという。なお、同剤について新たな安全性上の懸念は認められていない。同試...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞