m3.com トップ > 臨床ニュース > 感染をきっかけに多発性骨髄腫が悪化するメカニズムを発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

感染をきっかけに多発性骨髄腫が悪化するメカニズムを発見

2018年2月9日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患

自治医科大学は2月6日、多発性骨髄腫の病状が、感染をきっかけに悪化する新たなメカニズムを発見したと発表した。この研究は、同大幹細胞制御研究部の菊池次郎准教授、黒田芳明助教、小山大輔博士、古川雄祐教授らが、栃木県立がんセンター、東京大学、広島大学と共同で行ったもの。研究成果は、米国がん学会誌「CancerResearch」オンライン版に掲載されている。血液がんの一種である多発性骨髄腫はきわめて予後不良の疾患。現在は、抗がん剤や骨髄移植などによる治療が行われ、一時的には病状を抑えられるが、多くの患者...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞