m3.com トップ > 臨床ニュース > 私が無痛分娩で痛感、反省したこと

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

私が無痛分娩で痛感、反省したこと Dr.吉田千寿の無痛分娩体験記Vol. 3

2018年2月13日 ドクター寄稿  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

出産前日となりました。予定通り入院し、鎮痛用の硬膜外カテーテルを留置します。この施設では、通常は産科医がその手技を行います。ところが私は入院前に、主治医から「カテーテル留置は麻酔科にお願いしたいんだけど、誰かに頼んでおいてくれないかな」と言われました。産科側の人手が少ない、ということもあるのだと思います。麻酔痛がる患者は「痛みに弱い」じゃなかった!「こんな個人的なことを誰に頼むべきだろうか」と迷いましたが、麻酔科の女性上司にお願いすることにしました。ベテランで、区域麻酔の専門家。自分にも他人にも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞