m3.com トップ > 臨床ニュース > 無痛分娩の“実況中継”(2018/02/21 修正)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

無痛分娩の“実況中継”(2018/02/21 修正) Dr.吉田千寿の無痛分娩体験記Vol. 4

2018年2月15日 ドクター寄稿  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

さて、いよいよ出産当日です。当時の様子を時系列で振り返ります。「痛くなってきたら言って」の判断に迷い06:00起床、背中が痛いのでそーっと着替え。ここから絶飲食。06:30病室から分娩室へ移動。分娩監視装置を装着、バイタル測定。07:00輸液開始。08:00いったん処置室に移動し、メトロイリンテルというバルーンを挿入し、生理食塩水で膨らませて子宮頸管を拡張させる。この処置も十分に痛い。前日の硬膜外カテーテル留置もそうだが、通常分娩には必要のない処置がいちいち痛く、既に「無痛」ではない(図1)。0...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞