m3.com トップ > 臨床ニュース > 性同一性障害診断・治療GLの一部改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

性同一性障害診断・治療GLの一部改訂 中心メンバーの医師は原則GID学会認定医に

日本精神神経学会はこのほど、「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(GL)(第4版改)」一部改訂の内容を公式ホームページに掲載した。2016年3月よりGID(性同一性障害)学会認定医制度が開始。同GLの今回の一部改訂では、今後の中心メンバーの医師はGID学会認定医であることが求められることなど、内容の追記や修正を行っている。同学会、日本産婦人科学会、日本泌尿器科学会、日本形成外科学会は、2016年3月よりGID学会認定医の認定を始めた。GID学会は認定医取得にあたって研修会の受講を義務付...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞