m3.com トップ > 臨床ニュース > NAFLD関連疾患の4つの疾患感受性遺伝子を同定

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

NAFLD関連疾患の4つの疾患感受性遺伝子を同定

2018年2月20日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患その他

京都大学は2月15日、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)およびNASH由来肝細胞がんをふくむ非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者と対照群のDNAを用いた網羅的SNP関連解析を行い、新たな疾患関連遺伝子「DYSF」を含む、4つの疾患感受性遺伝子を同定したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科附属ゲノム医学センター・松田文彦教授、済生会吹田病院・岡上武名誉院長を中心とした研究グループによるもの。研究成果は「PLOSONE」に掲載されている。NAFLDは非飲酒者で肝炎ウイルス感染など他の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞