m3.com トップ > 臨床ニュース > 直腸にテニスボールでストーマ造設も

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

直腸にテニスボールでストーマ造設も 「直腸異物の経験を教えてください」Vol. 3

2018年2月22日 m3.com意識調査  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患救急

m3.com意識調査で直腸異物の処置を経験した医師655人に発症契機を尋ねたところ、86.4%が「患者の嗜好」と答えた。前回は自由回答で寄せられた例として、容器と食べ物の事例を提示したが、今回はそれ以外のケースを紹介する。テニスボールを挿入してストーマを造設することになったり、こけしを用いて出血性ショックを来したりした症例もあり、重篤な転帰をたどる恐れもあることが示された。Q「直腸異物の症例を経験したことはありますか?」の設問で、「ある」「ないが身近で聞いたことはある」と答えた方に質問です。直腸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞