m3.com トップ > 臨床ニュース > メタボ関連肝がんに特異的なバイオマーカー遺伝子FABP4を同定

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

メタボ関連肝がんに特異的なバイオマーカー遺伝子FABP4を同定

2018年2月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患その他

東京医科歯科大学は2月16日、ヒトとマウスのメタボ関連肝がんを用いた異種間クラスタリング解析によって、共通して高発現する遺伝子「FABP4」を同定し、メタボ関連肝がんにおける悪性化メカニズムの一端を世界で初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科分子腫瘍医学分野の田中真二教授らの研究グループと、九州大学、名古屋大学らの研究グループによるもの。研究成果は、米病理学雑誌「AmericanJournalofPathology」オンライン版で発表された。肝がん発症の危険因子とし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞