m3.com トップ > 臨床ニュース > 麻疹ウイルスに対する感染阻害剤の作用メカニズムを解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

麻疹ウイルスに対する感染阻害剤の作用メカニズムを解明

2018年2月23日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患皮膚疾患感染症投薬に関わる問題

九州大学は2月21日、麻疹(はしか)ウイルスに対して、感染阻害効果を示す阻害剤の作用メカニズムを解明したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究院の柳雄介教授らの研究グループと、理化学研究所放射光科学総合研究センター、東京大学、米ジョージア州立大学らとの国際共同研究によるもの。研究成果は米国科学アカデミー紀要「ProceedingsoftheNationalAcademyofSciencesofUSA」に近日中に掲載される予定。麻疹は非常に感染力の強いウイルス感染症。麻疹患者は、一過性の免疫抑...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞