m3.com トップ > 臨床ニュース > ツニカマイシン低毒性化合物を合成、期待される薬剤耐性菌への効果

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ツニカマイシン低毒性化合物を合成、期待される薬剤耐性菌への効果

2018年2月23日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

北海道大学は2月20日、抗生物質に耐性がある菌にも効果が期待されるツニカマイシン類について、感染症への効果を維持しつつ、ヒトへの毒性を抑えた新しい化合物の合成に成功したと発表した。この研究は、同大学大学院薬学研究院の市川聡教授と、デューク大学のシー・ヨン・リー准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、英科学誌「NatureStructural&MolecularBiology」に掲載されている。バクテリア感染症の治療に使われる抗生物質は非常に強力だが、抗生物質の使用には、抗生物質に耐性がある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞