m3.com トップ > 臨床ニュース > 尋常性ざ瘡の治療指針2017を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

尋常性ざ瘡の治療指針2017を公開 アダパレンと過酸化ベンゾイル併用のCQ削除

医療情報サービス(Minds)は2月20日、尋常性ざ瘡の治療ガイドライン(GL)2017を公式サイトで公開した。同GLは日本皮膚科学会が作成。今回の改訂では、アダパレン0.1%と過酸化ベンゾイル2.5%の配合剤の承認・発売を受け、アダパレンと過酸化ベンゾイルの併用に関するクリニカル・クエスチョン(CQ)を削除するなどの改訂を行った。尋常性ざ瘡は、日本では9割以上の人が経験する疾患であることから、生理的現象として軽視されることも多く、皮膚疾患としての認識が十分ではなかった。また、医療機関を受診する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞