m3.com トップ > 臨床ニュース > ジャディアンス、腎アウトカムでのアジア人サブグループ解析結果発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ジャディアンス、腎アウトカムでのアジア人サブグループ解析結果発表

2018年2月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社と日本イーライリリー株式会社は2月23日、「ジャディアンス(R)」(一般名:エンパグリフロジン)によるEMPA-REGOUTCOME(R)試験の腎アウトカムでのアジア人サブグループ解析の結果が、東国際腎臓学会ISNFRONTIERS2018で公表されたと発表した。2型糖尿病は最も頻度の高い病型であり、高所得国では糖尿病症例の最大91%を占める。また、アジア・太平洋地域における糖尿病患者の増加は深刻で、2014年は1億5300万人と全世界の約1/3の糖尿病患者...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞