m3.com トップ > 臨床ニュース > 専用メガネ・精密形態測定で新しい近視モデルマウスを確立

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

専用メガネ・精密形態測定で新しい近視モデルマウスを確立

2018年2月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 眼科疾患

慶應義塾大学は2月23日、新しいマウス近視モデルの確立に成功したと発表した。この研究は、同大医学部眼科学教室の坪田一男教授、栗原俊英特任准教授、大学院医学研究科博士課程の姜效炎(ジャン・ショウエン)らの研究グループによるもの。研究成果は、学際的総合ジャーナル「ScientificReports」(オンライン版)に掲載されている。近年、全世界で近視の有病率が増加し、人類の3分の1が近視だと言われているが、近視の発症や進行に関して詳しいメカニズムは解明されていない。近視研究を大幅に遅らせている原因の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞