m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗体薬物複合体DS-1062、非小細胞肺がん対象のP1試験で投与開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗体薬物複合体DS-1062、非小細胞肺がん対象のP1試験で投与開始

2018年2月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患投薬に関わる問題

第一三共株式会社は2月23日、再発・進行性の非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とした第1相臨床試験において、TROP2を標的とした抗体薬物複合体(ADC)「DS-1062」の、最初の患者への投与を開始したことを発表した。ADCは、抗体医薬と薬物(低分子医薬)を適切なリンカーを介して結合させた医薬群で、がん細胞に発現している標的因子に結合する抗体医薬を介して薬物をがん細胞へ直接届けることで、薬物の全身曝露を抑えつつがん細胞への攻撃力を高める。DS-1062は、同社ではDS-8201、U3-14...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞