m3.com トップ > 臨床ニュース > 米医師の84%が鍼灸の処方・推奨「経験あり」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米医師の84%が鍼灸の処方・推奨「経験あり」 m3.com海外共同意識調査「漢方医学に関するアンケート」-Vol. 2

2018年3月8日 m3.com編集部  カテゴリ: その他

m3.comでは、日本と米国の一般内科医200人を対象に、漢方医学に関するアンケートを実施。日常診療での漢方薬や鍼灸の処方状況を尋ねたところ、日本の医師では、「日常的に」と「たまに」を合わせて87%が、漢方薬または鍼灸のいずれかを処方していると回答した。米国の医師では、「漢方薬を処方または推奨」が38.0%にとどまる一方、「鍼灸を処方または推奨」は76%に上った。「過去に処方・推奨していたが今はしていない」(8.0%)を含めると、米国の医師の84%が鍼灸を処方・推奨した経験があるということになる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞