m3.com トップ > 臨床ニュース > 洗口液誤飲で2歳児が急性アルコール中毒

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

洗口液誤飲で2歳児が急性アルコール中毒 男児の手が届く所にエタノール含有洗口液

2018年3月2日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患救急

日本小児科学会はこのほど、2歳1カ月の男児がエタノールを含有する洗口液を誤飲し急性アルコール中毒を起こした事例が報告されたとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。事例発生時、男児は顔面が紅潮し構音障害などが出現したことから、医療機関を救急受診。普段は洗面所の三面鏡内の棚に保管してある洗口液が、事例発生当日は踏み台を使えば男児の手が届く洗面台の上に置いてあったという。男児がエタノールを含有する洗口液を持って両親の所に来たため確認すると、内容液が100mL程度減っていた。その後、徐々に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞