m3.com トップ > 臨床ニュース > ビーズ型芳香剤誤飲で10カ月児が気管支閉塞

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ビーズ型芳香剤誤飲で10カ月児が気管支閉塞 誤飲翌日に外来受診で気管挿管

2018年3月5日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患耳鼻咽喉科疾患救急

日本小児科学会はこのほど、10カ月の乳児がビーズ型芳香消臭脱臭剤により気管支閉塞を起こした事例が報告されたとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。誤飲翌日に受診した際、乳児は酸素化不良などが認められたため、気管挿管を実施した。乳児が誤飲した消臭剤は、ビーズ型芳香消臭脱臭剤が乾燥して小さくなったもので、乳児の手の届く場所に置かれていたという。自宅で母親が目を離した際に、ビーズ型芳香消臭脱臭剤が乾燥して直径3mm程度に小さくなったものを乳児が口に含んでおり、母親が発見して口から2粒掻き...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞