m3.com トップ > 臨床ニュース > 保存期腎不全患者のループ利尿薬使用、サルコペニア合併と関連か

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

保存期腎不全患者のループ利尿薬使用、サルコペニア合併と関連か

2018年3月2日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患循環器疾患投薬に関わる問題

東京医科歯科大学は2月27日、保存期腎不全患者におけるループ利尿薬使用がサルコペニア合併リスクと関連する可能性を示したとの研究結果を発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科腎臓内科学分野の内田信一教授と内藤省太郎講師の研究グループによるもの。研究成果は、国際科学誌「PLOSONE」オンライン版で発表された。サルコペニアは加齢に伴う骨格筋の筋量減少および機能低下と定義されている。慢性腎臓病(CKD)などの疾患や、ポリファーマシーと合併し得るものだが、CKDの治療に用いられる各種薬剤が透析導...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞