m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】循環器の緩和ケアについて考えてみる時代が来た

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】循環器の緩和ケアについて考えてみる時代が来た 聖路加国際病院循環器内科・水野篤

2018年3月2日 ドクター寄稿  カテゴリ: 循環器疾患その他

今、循環器領域の緩和ケアには注目しておく方がよい2018年になって早々ですが、循環器領域において大きな流れが見えてきたことがあります。それは「緩和ケア診療加算」の対象に、次の要件を満たす「末期心不全」患者が追加される報告がありました。【必須要件】(いずれも満たさなければいけない)心不全に対し適切な治療が実施されている器質的な心機能障害で、適切な治療にかかわらず、慢性的に「NYHA重症度分類IV」の症状に該当し、頻回・持続的に点滴薬物療法を必要とする過去1年以内に心不全による急変時の入院が2回以上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞