m3.com トップ > 臨床ニュース > 臨床医学教育での死体解剖GL改訂案公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

臨床医学教育での死体解剖GL改訂案公開 輸入遺体の手術手技研修「GL上認めず」

日本外科学会はこのほど、「臨床医学の教育及び研究における死体解剖のガイドライン(GL)」の改訂案の草案を学会ホームページで公開した。同GLは、日本解剖学会と合同で策定したもの。海外からの輸入などの手段を持って得られた遺体は「GL上認めない」などの改訂を行うとともに、利益相反状態の報告に関する項を新設している。2018年3月12日締め切りで、郵送やFAX、電子メールで意見を募集している。日本において、遺体を用いた医療技術のトレーニング(CadaverSurgicalTraining:CST)が、耳...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞