m3.com トップ > 臨床ニュース > BRCA遺伝学的検査への学会見解公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

BRCA遺伝学的検査への学会見解公表 今後の日本でのPARP阻害薬導入を見据えて

日本婦人科腫瘍学会はこのほど、「卵巣癌患者に対してBRCA1あるいはBRCA2の遺伝学的検査を実施する際の考え方」と題した見解を学会ホームページに掲載した。この見解は、日本でのポリADPリボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬の導入が予想されることから、卵巣癌患者へのBRCA遺伝学的検査実施が増加することを想定して取りまとめられたもの。患者に遺伝学的検査・診断の意義に関する説明を行うためには、遺伝学的な知識も必要とし、同検査が血縁者に与える影響を理解する必要があると解説している。BRCAの病的変異...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞