m3.com トップ > 臨床ニュース > 注射用広域抗菌薬を製販申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

注射用広域抗菌薬を製販申請

2018年3月5日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患感染症投薬に関わる問題

MSD株式会社は2月28日、注射用広域抗菌薬「タゾバクタムナトリウム・セフトロザン硫酸塩配合剤」の製造販売承認申請を行ったと発表した。同剤は、レンサ球菌属、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、緑膿菌、バクテロイデス属に対する広域抗菌薬として、腹腔内感染症・尿路感染症への適応症取得を目指している。腹腔内感染症は、手術や事故などの侵襲、他の感染部位からの波及によっておこる腹腔内の感染症で、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、肝膿瘍などがある。尿路感染症は、尿流に影響を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞