m3.com トップ > 臨床ニュース > クローン病の大規模疾患レジストリ研究で覚書締結

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

クローン病の大規模疾患レジストリ研究で覚書締結

2018年3月5日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患

ヤンセンファーマ株式会社は2月28日、日本炎症性腸疾患学会(JSIBD)とクローン病で日本初となる大規模疾患レジストリ研究について、研究支援覚書(MOU)を締結したと発表した。同MOUに基づき、JSIBDは研究計画や得られた解析結果の医学的解釈について、助言などの支援を行うという。クローン病において、この規模の国内疾患レジストリ研究は今回が初めてとなる。希少疾患であるクローン病は炎症性腸疾患のひとつで、日本における患者数は約7万人。男女どちらも等しく罹患し、年齢を問わず発症するが、15~35歳に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞