m3.com トップ > 臨床ニュース > 「結果説明なきIgE検査」にサヨナラ【時流◆レベルアップ!吸入性アレルギー診療】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「結果説明なきIgE検査」にサヨナラ【時流◆レベルアップ!吸入性アレルギー診療】 国立病院機構相模原病院・福冨友馬氏の解説-Vol. 4

血液抗原特異的IgE抗体価検査(以下、血液IgE検査)は、臨床現場で広く普及している。一方、国立病院機構相模原病院臨床研究センター診断・治療薬開発研究室室長の福冨友馬氏によると、検査結果が出た際の臨床的な対応について統一された方針は存在しないという。特に喘息やアレルギー性鼻炎の場合は、アレルゲンの種類を問わず「多くの場合は吸入ステロイドや抗アレルギー薬でコントロールできる」と、検査結果の用紙と薬剤を処方して、患者を見送ってしまうことは少なくないようだ。福富氏は「検査結果を適切に解釈して、患者に説...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞