m3.com トップ > 臨床ニュース > ビガバトリン適正使用徹底へ再通知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ビガバトリン適正使用徹底へ再通知 SRSPに登録された医師による投与を

日本眼科学会はこのほど、抗点頭てんかん薬であるビガバトリン製剤(商品名:サブリル散分包500mg)について、厚生労働省による「ビガバトリン製剤の使用にあたっての留意事項について」を再度確認のうえ、適正使用に努めるよう呼びかける通知を学会ホームページに掲載した。同剤には、視野狭窄発現のリスクがあり、サブリル処方登録システム(SabrilRegistrationSystemforPrescription:SRSP)に登録された医師が投与する必要がある。ビガバトリンは、点頭てんかんを効能・効果として2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞