m3.com トップ > 臨床ニュース > PCSK9阻害薬の適正使用呼びかけ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

PCSK9阻害薬の適正使用呼びかけ FHなど冠動脈疾患発症リスクが高い患者に使用を

日本動脈硬化学会はこのほど、PCSK9阻害薬の適正使用に関する声明文を公式ホームページで公開した。同声明では、PCSK9阻害薬は家族性高コレステロール血症(FH)患者と冠動脈疾患二次予防の高リスク病態を合併する患者を中心に使用されるべきとしている。エボロクマブ(商品名:レパーサ)と、アリロクマブ(同:プラルエント)は、PCSK9を阻害することで、肝細胞表面上のLDL受容体数を増やし、血中LDLコレステロール(LDL-C)値を低下させる新規薬剤。同薬のスタチン併用におけるLDL-C値の低下効果は強...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞