m3.com トップ > 臨床ニュース > 16年の脳死ドナー数、過去最高の64例

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

16年の脳死ドナー数、過去最高の64例 日本移植学会が臓器移植ファクトブック2017を公開

2009年の臓器移植法改正後、16年には脳死ドナー数が過去最高だった15年の58例を上回る64例となった半面、心停止ドナー数は減少傾向にあることが日本移植学会が公表した「臓器移植ファクトブック2017」で分かった。脳死ドナー・心停止ドナーの合計数は改正法施行後に2014年の77例を底に、15年91例、16年96例と以降は増加に転じていることから、学会では「さらなる増加が期待される」としている。調査、は各臓器担当者が所属する学会や研究会のデータを基に行われ、「2016年移植症例登録統計報告」を参考...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞