m3.com トップ > 臨床ニュース > こんなにある?!くしゃみ随伴症状【時流◆くしゃみの医学的インパクト】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

こんなにある?!くしゃみ随伴症状【時流◆くしゃみの医学的インパクト】 海外の症例報告

くしゃみの際に鼻や口を押さえた34歳の男性が咽頭穿孔を起こし、救急外来を受診した症例報告に関するニュースが先日、各国メディアで大きく報道された(「くしゃみ抑制すると脳血管や喉、鼓膜が破裂する恐れ医師ら警鐘」)。くしゃみは「呼気から始まる吸息相を経て、声門の閉鎖を伴う強力な呼気運動と気道内圧の急激な上昇を伴う圧縮相、それに続く声門の開放に伴う爆発的呼気(呼出相)の運動パターンを取る(日鼻誌2000;39:23)」とされており、鼻や口を押さえなくても関連臓器へのインパクトはかなりのものと推察される。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞