m3.com トップ > 臨床ニュース > 超音波DVT・下肢静脈瘤の評価法公示

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

超音波DVT・下肢静脈瘤の評価法公示 日本超音波医学会、日本脈管学会、日本静脈学会の共同作成

日本超音波医学会はこのほど、超音波による深部静脈血栓症(DVT)・下肢静脈瘤の標準的評価法を公示した。静脈疾患の超音波検査に対する一定の見解が示されていないことから、同医学会と日本脈管学会、日本静脈学会が適切な評価法の普及を目的に共同で作成したもので、各診断法の適応に関する推奨基準として、原則的にACCP/AHAのガイドラインに準拠したクラス分類およびエビデンスレベルを用い、多くの図表と写真を用いながら解説している。超音波は非侵襲的で簡便に計測でき、低コストで普遍化が可能である。さらに近年の画像...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞