m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2回 糖尿病治療の都市伝説を鑑定! (2)SGLT2阻害薬

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第2回 糖尿病治療の都市伝説を鑑定! (2)SGLT2阻害薬 糖尿病・代謝 能登 洋(聖路加国際病院)

EBMは個々の患者さんから始まり、エビデンス(実証)を患者さんに適切に還元するものです。しかし、玉石混交のエビデンス百花繚乱の現状では、医療者がエビデンスに振り回されてしまったり騙されてしまったりしていることが少なくありません。この連載では、急増している糖尿病治療の通念をエビデンス鑑定(批判的吟味)の観点から客観的に解説していきます。第2回は、最新薬のSGLT2阻害薬についてです。SGLT2阻害薬にまつわる都市伝説ランダム化比較試験(RCT)で腎症リスク低下が実証されたエンパグリフロジンに次いで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞