m3.com トップ > 臨床ニュース > 8カ月児がサイコロ誤嚥で窒息(2018/4/11訂正)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

8カ月児がサイコロ誤嚥で窒息(2018/4/11訂正) 異物除去後に人工呼吸管理を実施

2018年4月10日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患耳鼻咽喉科疾患救急

日本小児科学会はこのほど、8カ月の女児がプラスチックのサイコロを誤嚥し窒息した事例が報告されているとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。リビングで遊んでいる際に女児が嘔吐し、口唇チアノーゼが出現したため、母親が救急要請した。異物が除去された後、換気不全と陥没呼吸の継続から気管挿管による人工呼吸管理を開始し、誤嚥性肺炎の疑いから抗菌薬、ステロイドの静脈投与が行われたという。報告された事例では、女児はリビングで兄(3歳)と遊んでいる際に嘔吐した。不穏となり、口唇チアノーゼが出現したた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞