m3.com トップ > 臨床ニュース > 検査好評も「挿入法が人と違う?!」部長と取った行動は…【時流◆パワーレス大腸内視鏡】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

検査好評も「挿入法が人と違う?!」部長と取った行動は…【時流◆パワーレス大腸内視鏡】 出雲市立総合医療センター内科副部長・結城美佳氏-Vol. 2

2018年4月12日 時流  カテゴリ: 消化器疾患その他

大腸内視鏡の手技で通常は動かさない左手を活用した「パワーレス大腸内視鏡」は、なぜ生まれたのか。「指導医が付いている大学病院から医師1人で検査を行う市中病院に赴任し、担当患者が激増した中でいつの間にか手技が完成していた」と話す、開発者の出雲市立総合医療センター内科副部長の結城美佳氏。結城氏の大腸内視鏡が「検査時間が早く、患者の評判が良い」と聞きつけ、手技を見に来た同院の部長からの「人と挿入方法が違う」との指摘で自分の編み出した手技に気付いたそうだ。第14回日本消化管学会学術集会(2018年2月9日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞