m3.com トップ > 臨床ニュース > 脳卒中後のリハビリ効果を促進する新薬候補化合物を特定

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脳卒中後のリハビリ効果を促進する新薬候補化合物を特定

2018年4月11日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 神経内科疾患投薬に関わる問題その他

横浜市立大学は4月6日、脳卒中後のリハビリテーション効果を大きく促進する新薬の候補化合物を特定、富士フイルムグループの富山化学工業株式会社が承認取得に向けて脳卒中後の回復期リハビリテーションを行っている患者を対象とした治験を実施すると発表した。この研究は、同大学学術院医学群生理学の高橋琢哉教授らの研究グループと富山化学が、産業技術総合研究所、医薬基盤・健康・栄養研究所との共同研究により行ったもの。研究成果は、科学雑誌「Science」オンライン版に掲載されている。脳卒中後の回復期における運動機能...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞