m3.com トップ > 臨床ニュース > ステロイドパルスの早期導入も【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

ステロイドパルスの早期導入も【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol. 41_4

m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズの第41週では、不幸な転帰をたどった血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の症例を取り上げてきた。ジュニアレジデント1年目の田村早希氏の経験は、TTPが疑われる場合はPLASMICスコアを活用するなどして鑑別を行い、早期に血漿交換療法を開始することの重要性を改めて知らしめることになった。TTPの可能性が高ければ早期に血漿交換療法を田村早希氏(以下、田村)今回の症例は、直接クームス陽性の溶血性貧血を伴う血小板減少という所見...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞