m3.com トップ > 臨床ニュース > 次世代型キメラデコイ、喘息モデルマウスで気管内の炎症を抑制

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

次世代型キメラデコイ、喘息モデルマウスで気管内の炎症を抑制

2018年4月12日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患小児科疾患投薬に関わる問題

アンジェス株式会社は4月9日、大阪大学と共同で研究を進めている核酸医薬であるNF-κBデコイオリゴDNAおよび次世代型キメラデコイについて、喘息治療に関する新たな研究結果を発表した。研究成果は、核酸医薬の専門誌「MolecularTherapy-NucleicAcids」に掲載された。NF-κB(nuclearfactor-kappaB)は、活性酸素による酸化ストレスなどの刺激が外部から加わった時に、細胞が炎症反応や免疫反応を引き起こすために活性化する主要な転写因子。NF-κBの過剰な活性化は、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞