m3.com トップ > 臨床ニュース > サルコペニア検査をCKD患者に応用

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

サルコペニア検査をCKD患者に応用

2018年4月16日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患腎・泌尿器疾患

熊本大学は4月11日、筋肉量の減少(サルコペニア)を診断する簡単な検査を応用することで、慢性腎臓病患者の将来の心臓血管病発症リスクを予測できることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大医学部附属病院循環器内科の辻田賢一教授、花谷信介特任助教(現・天草地域医療センター循環器内科副部長)、泉家康宏講師(現・大阪市立大学大学院医学研究科循環器内科学准教授)らの研究グループによるもの。研究成果は「InternationalJournalofCardiology」に掲載されている。サルコペニアとは筋肉...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞