m3.com トップ > 臨床ニュース > 肺癌患者のBRAF遺伝子変異検査手引きを公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肺癌患者のBRAF遺伝子変異検査手引きを公開 日本肺癌学会、手引きのオンライン版を無料で

2018年4月19日 日本肺癌学会  カテゴリ: 呼吸器疾患検査に関わる問題その他

日本肺癌学会はこのほど、「肺癌患者におけるBRAF遺伝子変異検査の手引き」をオンラインで無料公開した。米国では既にBRAF遺伝子変異検査を対象に次世代シークエンス(NGS)検査が承認されており、日本でも導入されれば、NGS検査がコンパニオン診断薬として臨床応用されるのは初めてとなる。手引きでは同検査を実施するうえでの検体の取り扱いやBRAF遺伝子の診断に関する注意事項を解説している。BRAFV600E変異の頻度は非扁平上皮非小細胞肺癌の1-3%と非常に希少。利用対象は、肺癌診療に従事する医師とし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞