m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2回 傾向スコア分析(その2)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第2回 傾向スコア分析(その2) 臨床疫学 康永秀生(東京大学)

傾向スコアの手順傾向スコア分析は、観察データを用いた治療効果比較研究において大きな問題となる適応による交絡(confoundingbyindication)を調整する統計手法の一つです。治療Aと治療Bどちらの方が高い治療効果があるか観察データを用いて判定する場合、患者の背景因子(年齢、性別、併存症、他の治療など)や治療を受ける医療施設の要因が治療効果に直接影響を与えるだけでなく、治療Aと治療Bの選択にも影響を及ぼします。これを、適応による交絡と言います。傾向スコア分析は、治療A・B両群間の背景因...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞