m3.com トップ > 臨床ニュース > 中外の抗PD-L1抗体テセントリクなど7製品が即日発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

中外の抗PD-L1抗体テセントリクなど7製品が即日発売

2018年4月20日 ミクスOnline  カテゴリ: 呼吸器疾患投薬に関わる問題

新薬15製品が4月18日、薬価基準に収載された。中外製薬のがん免疫療法薬で、非小細胞肺がんの治療薬として承認取得した抗PD-L1抗体テセントリク点滴静注など7製品が即日発売となった。そのうちアストラゼネカからは、再発卵巣がんの治療薬として承認取得した国内初のPARP阻害剤リムパーザ錠、小児用量を設定したネキシウム懸濁用顆粒分包(販売は第一三共)、気管支喘息に用いる抗体製剤ファンセラ皮下注の3製品が発売された。発売日(予定含む)が分かった製品は次のとおり(カッコ内は成分名、製造販売元)。【4月18...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞