m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性便秘症治療薬グーフィス錠を新発売 世界初の作用機序

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性便秘症治療薬グーフィス錠を新発売 世界初の作用機序

2018年4月23日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

エーザイ、EAファーマ、持田製薬は4月19日、1日1回経口投与の慢性便秘症治療薬グーフィス錠5mg(一般名:エロビキシバット水和物)を同日に、EAファーマと持田それぞれから新発売したと発表した。EAファーマとその親会社のエーザイは共同販促する。薬価は5mg1錠105.80円。世界初の作用機序を持つ。胆汁酸の再吸収にかかわるトランスポーターを阻害することで、大腸に流入する胆汁酸の量を増加させ、水分分泌と大腸運動促進の2つの作用で自然な排便を促す。胆汁酸トランスポーター阻害薬とのクラスに分類される。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞