m3.com トップ > 臨床ニュース > 緑内障スクリーニングで眼科と“温度差”

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

緑内障スクリーニングで眼科と“温度差” 「緑内障のスクリーニングに用いるべき検査は?」Vol. 1

2018年4月24日 m3.com意識調査  カテゴリ: 眼科疾患検査に関わる問題その他

m3.com意識調査で、健診レベルで緑内障をスクリーニングする上で、最も適していると思う検査について質問したところ、医師会員886人の60%以上が「眼圧検査」と回答した。ところが回答者を眼科(41人)に絞り込むと、眼圧検査の回答割合は12.2%まで下がり、眼底検査と画像検査(OCT)がそれぞれ40%前後を占め、専門科と非専門科で大きく異なる結果となった。Q.健診レベルで緑内障をスクリーニングする上で、最も適していると思う検査を一つ挙げてください。(単一選択)健診レベルで緑内障スクリーニングに用い...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞