m3.com トップ > 臨床ニュース > 妊婦にリステリア食中毒で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

妊婦にリステリア食中毒で注意喚起 産婦人科医会、妊娠期間後半26週以降に重症化も

2018年4月24日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患感染症

世界保健機関(WHO)が、オーストラリアでリステリア菌に汚染されたメロンが日本に輸出されていたと発表したことを受け、日本産婦人科医会は妊婦に対して注意を呼び掛けている。厚生労働省や横浜市衛生研究所からの情報を参考に、妊婦が過度に心配しないように、リステリアについての正しい理解を求めるとともに、留意事項を公表している。同医会などによると、リステリアは環境中に広く分布する細菌だが、リステリアに感染(食中毒)して重症化することはまれだとされている。しかし、妊婦や体力の低下した人は感染する機会が増し、特...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞