m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2回 「診断エラー5%」は高いのか、低いのか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第2回 「診断エラー5%」は高いのか、低いのか 循環器 水野篤(聖路加国際病院)

今回扱う論文UnrecognizedCardiovascularEmergenciesAmongMedicarePatientsJAMAInternalMedicine2018;178:477-484はじめに医師A「先生がこの間、救急外来で診た○○っていう胸痛の患者さん覚えてる?」医師B「えっ、ちょっと名前まで覚えてないけど、何かあった?」医師A「翌日、救急外来にまた来て大動脈解離だったよ。危なかったね」医師B「マジですか?助かった?よかった……ふぅ……」これは、よくあってはいけないとされる病院...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞