m3.com トップ > 臨床ニュース > JSH2019のCQ20項目とは【時流◆高血圧GL改訂の行方】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

JSH2019のCQ20項目とは【時流◆高血圧GL改訂の行方】 作成委員長・梅村敏氏が解説

2018年5月10日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患腎・泌尿器疾患その他

4月27日、東京都で開かれた日本高血圧学会のメディアセミナーで、高血圧ガイドライン2019(JSH2019)作成委員長の梅村敏氏(横浜労災病院病院長)が、改訂の進捗状況を紹介。現時点で評価・記載が予定されている20項目のクリニカルクエスチョン(CQ)などを示した。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)代替血圧計やトクホの降圧効果も追加予定JSH2019の改訂については、システマチックレビューに基づき300以上ものCQを、推奨グレードとステートメントを示し得るものを中心に、20項目程度を絞り...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞