m3.com トップ > 臨床ニュース > バラバラの健診判定区分をそろえたい【時流◆人間ドック】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

バラバラの健診判定区分をそろえたい【時流◆人間ドック】 和田高士・日本人間ドック学会副理事長に聞く◆Vol. 3

2018年5月10日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患検査に関わる問題

人間ドックで統一した判定区分を用いることの重要性を説く和田氏日本人間ドック学会が策定する判定区分は、あくまで任意の基準であり強制されるものではない。しかし、同学会がこうした判定区分の作成に尽力するのには、健診機関がバラバラの基準で検査を行い、受診者を判定しているという問題が背景にある。同学会副理事長で東京慈恵会医科大学大学院健康科学教授の和田高士氏に、問題点を解説してもらった。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・森圭吾)健診機関が違えば結果も違う?――検査項目の判定区分をそろえることは難しいの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞