m3.com トップ > 臨床ニュース > 動脈硬化発見も患者の問いに答え詰まる

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

動脈硬化発見も患者の問いに答え詰まる 「動脈硬化リスクのスクリーニングで重視する項目は?」Vol. 3

m3.com意識調査で、動脈硬化スクリーニングの意義を医師会員に尋ねたところ、「動脈硬化が見つかったとして、患者の問いに答えが詰まる時がある」といった患者指導の悩みや、「検査項目が多く分かりにくい」「関係学会の統一見解を」と判断すべき基準に関する声などが数多く寄せられた。ここでは、医師会員の動脈硬化スクリーニングに対する意見の一部を紹介する。Q動脈硬化のスクリーニングについて、ご意見があればお聞かせください。(自由回答)「患者指導」についてスクリー二ングで動脈硬化(病巣あるいは傾向)が見つかった...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞