m3.com トップ > 臨床ニュース > 風疹改正指針に「成人への住民接種を」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

風疹改正指針に「成人への住民接種を」 第3回麻しん・風しんに関する小委員会- Vol. 2

2018年5月17日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患感染症その他

日本国内での麻疹排除の維持と、2020年の風疹排除を目指した「麻しん・風しんに関する特定感染症予防指針」改正の審議が始まった。早ければ今年中、遅くとも今年度中の改正を目指す。5月11日開催の第3回麻しん・風しんに関する小委員会(委員長=大石和徳氏・国立感染症研究所感染症疫学センター長)では、特に排除目標の2020年まで2年を切っている風疹対策について、委員から抗体保有率が依然80%台と流行の余地を残す、30-50歳代の成人への住民接種の検討などを求める踏み込んだ提言が相次いだ。(取材・まとめ:m...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞