m3.com トップ > 臨床ニュース > 長鎖ポリリン酸で、炎症性腸疾患の新規治療薬開発を行うベンチャーを設立

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

長鎖ポリリン酸で、炎症性腸疾患の新規治療薬開発を行うベンチャーを設立

2018年5月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患

旭川医科大学は5月16日、サッポロホールディングス株式会社が保有する、腸管バリア機能の増強を特徴とした炎症性腸疾患に対する治療薬候補物質(長鎖ポリリン酸)における特許をもとに、カムイファーマ株式会社を設立したと発表した。カムイファーマは潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患等に対する新薬の開発を行い、未だ満足な治療法がないアンメットメディカルニーズの高い疾患の治療に貢献することを目指す同大発ベンチャー。同大内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野の藤谷幹浩准教授、サッポロホールディングスとの共同研究によ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞