m3.com トップ > 臨床ニュース > 精神疾患研究推進にむけた提言を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

精神疾患研究推進にむけた提言を公開 疫学、ゲノム、iPS細胞など12の領域で

2018年6月4日 日本精神神経学会  カテゴリ: 精神科疾患

日本精神神経学会はこのほど、「精神疾患の克服と障害支援にむけた研究推進の提言」を公式サイトに掲載した。疫学、ゲノム、iPS細胞など12の領域から、日本の精神疾患研究の現状と取り組むべき課題、ロードマップなどを示したうえで、精神疾患を研究し、原因を解明して診断法、治療法、介入法を開発することは、大きな社会負担を減らすだけでなく、産業振興にもつながると提言している。同提言は、同学会、日本生物学的精神医学会、日本神経精神薬理学会、日本うつ病学会など13の精神医学関連諸学会がまとめたもの。2013年に発...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞