m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症感染、背景にやっぱり糖尿病【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

重症感染、背景にやっぱり糖尿病【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.45_4

自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント1年目の眞鍋尭彦氏が経験した壊死性軟部組織感染症の1症例についてお送りしてきた「総合回診」シリーズ第45弾。重症感染の引き金になったとみられる歯の異常と、背景にあった未治療の糖尿病は、治療中どのように管理したのか。最終回は上級医との質疑を中心に、診療の実際についてお伝えする。感染経路は4つ、届け出必要な菌も眞鍋壊死性軟部組織感染症の感染経路はおおむね4つに分類できます。タイプIは混合感染、IIはA群溶血連鎖球菌を代表とする単独感染、IIIは肝...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞